石川県金沢市の歴史

石川県金沢市の歴史とは

知ってた?石川県金沢市の歴史

北陸新幹線が開通したことにより注目度が格段にアップした石川県金沢市ですが、みなさんはその歴史を知っていますか?せっかく行くなら少しくらい知っていた方が観光が何倍も楽しくなりますよ。金沢のまちは16世紀半ばに、本願寺が布教の拠点として金沢御堂を置いたことによりはじまるのです。そしてその後、400年ほど前に前田利家公がこの地に城を築き、加賀百万石の城下町として発展しました。藩政時代にはなんと江戸、大坂、京都に次ぐ規模の大都市であったともいわれています。その時代に造られた厳かな雰囲気漂う武士のまち、活気あふれる商人のまち、閑静で威厳のある寺のまちなど、城下町の風情は今もしっかりと残り日本の美しい文化が息づいています。大藩だった金沢には大名レベルの家臣たちがたくさんおり、城に次ぐ大きな屋敷を持っていました。それらはいまも綺麗に形を残しており、実際に人が暮らしているところもあります。街を歩いているだけでも、昔武士たちが肩で風を切って歩いたその空気に触れることができるようです。また、石川県金沢市は文学の街でもあります。古くは加賀藩の時代、沢山の書物が集められたことが影響しているとされます。明治以降は金沢の三文豪と呼ばれる泉鏡花、室生犀星、徳田秋聲を輩出しています。いかがでしたか、石川県金沢市は非常に歴史古く、それが今も形として残っている素晴らしい土地なのです。ぜひ観光に訪れてみてください。

石川県金沢市に関する情報

新着情報

↑PAGE TOP